多摩川の春は忙しい?

多摩川にも春がやってきました。


DSCF6806qqqqq.jpg


昨日は、JCAのキャステイングトーナメントが行われへなちょこキャスターも参加してきました。

DSCF6813qqqqq.jpg



名人たちのキャステイングに圧倒されました・・・・・・



DSCF6817qqqqq.jpg


DSCF6816qqqqq.jpg

へなちょこの私は風に煽られ撃沈!!

また修行しなければ・・・






今朝は早起きしてマルタ釣りに・・・・・



DSCF6825qqqqq.jpg



一昨日はみんなで爆釣したとのこと・・・・

今朝は下手なのか、群れが遡上してしまったのか

一匹と3バラシで終わりました。


DSCF6819qqqqq.jpg
スポンサーサイト

初めてのトーナメント参加は・・・

ここ最近は、オフシーズンのこともあり、トーナメントキャステイングの練習にいそしんできましたが、

一度トーナメントに参加してみたいとの思いもあり、入間川で開催されたCNDトーナメントに参加しました。

CNDトーナメントは競技会はもちろんだけど各グループが美味しいものを持ち寄り、楽しもうという企画らしい・・・

CND社とスタッフのご努力により、なんもない川原が素敵なトーナメント会場に変身!

当日は受付やバーベキューコーナーの準備にバタバタと

DSCF6577qqqq.jpg


川面にはキャステイング用お立ち台もしっかり・・・

DSCF6594qqqq.jpg

そして、野趣あふれるロッドスタンドも・・・


DSCF6591qqqq.jpg

CND社や各グループはバーべキュー、焼きそば、芋煮などのグルメを振る舞い

我々はきりたんぽの代わりにお餅を入れたきりたんぽ鍋を準備・・・・意外に好評でした( ^ω^)



DSCF6578qqqq.jpg

競技は最初は、CNDの14ftロッドを使っての競技、

そして本命の18ftロッドの競技はシニアと一般の部で別れて実施、


DSCF6588qqqq.jpg

私はシニアの部にノミネートしましたが・・・・修行不足が露呈してしまいました。(´;ω;`)

しかしびっくりしたのは強豪ぞろいの一般の部で優勝された方のキャステイングの素晴らしさでした。

舞いを舞うようなリズムのキャステイングからから繰り出されるラインは60m近く飛んでおり

しかもその方は70歳とのこと、キャステイングの奥の深さを感じられた一日でした。



2016年 荒川サーモンツアー 第2回

2回目の荒川サーモンツアーは私とシマさんに加えアラスカでサーモン釣りを鍛え抜いたKさんとの3人、

関越をひたすら荒川を目指して走ると前方に虹が・・・・ひょっとすると・・・・

DSCF6350qqqq.jpg


三日前は増水後の遡上があったらしく、結構釣れたとのこと・・・・

胸をふくらませ川に入る・・・

DSCF6372qqqq.jpg

3人で丹念に気合を込めてフライを流すも反応はない・・・・

遅れて遡上する奴はいないのか・・・、


DSCF6383qqqq.jpg

半日してポイントを変えると、K名人のロッドがしなっている!!!

さすが名人です鮭釣りのコツを掴まえているらしい。


DSCF6359qqqq.jpg



しばらくファイトしやっとあげたのはグッドサイズのオスでした!

しっかりフライを口に咥えてます。羨ましい!!


初日はこの一匹のみで終了、

これ以外に鮭の反応はなく、遡上する姿みえず・・・・



aaaaDSCF6364qqqq.jpg


翌朝、三日前に52匹出たというポイントに・・・・・・

私は入渓場所の目の前を狙う、二人は上流のポイントへ・・・

私は石裏のゆるい深みの底にフライを送る・・・・

沈んだラインが止まる、根がかりと思いロッドをあおると、根がかりが動き出す、鮭だ!!!

それから寄せては、ラインを引き出されるのファイトを三度繰り返し、岸にやっと引き上げたのが

綺麗な鮭! 65センチと大きくはないが、強烈な引きを味わせてくれた嬉しい一匹!!








DSCF6366qqqq.jpg


フライをしっかりと口にくわえたメスでした。今年初の鮭に感激!!

DSCF6367qqqq.jpg


しかし、これ以外全員にあたりもなく・・・・早めの帰途につきました。

来年は遡上が多い年になってほしいものです。大好きな川ですから・・・・






2016年荒川サーモンツアー 第1回

今年は、例年行っていた道東ツアーを取りやめ、新潟の荒川のサーモンフィッシングをメインツアーとして

2回ほど行って来ました。

最初は11月中旬にモリさん、シマさんとの3人で荒川へ・・・・

前日は荒川の偵察・・・・・入れ込み過ぎ!( ^ω^)
DSCF6254kkkkk.jpg


翌朝朝焼けとともに受付を済ませ釣場に・・・

DSCF6275kkkkk.jpg

準備完了!これから二日間のサーモンフィーバーか?

DSCF6268kkkkk.jpg

去年の実績ポイントで気を込めてフライを流す!

DSCF6265kkkkk.jpg

何度となく、何時間となく毛鉤を流すも・・・・・時間だけが過ぎる・・・

今年の遡上が少ないらしい・・・・・餌釣り師たちも大苦戦のようだ。

でも良い型のメスを釣った人も、やはりここでも餌釣りは最強です!

DSCF6270kkkkk.jpg


酒の量も増える・・・酒豪ふたりがいたため1升瓶1本+7合瓶2本が消え・・・・

DSCF6263kkkkk.jpg


全員サーモンは釣れず、地酒痛飲ツアーで終わってしまった。

遡上魚は難しいです・・・・・・・(´;ω;`)





利根川箱スチ幻想?

利根川の冬季管理釣り場にステイールヘッドとニジマスとの掛け合で普通の3倍はファイトする箱スチが

放流されたという情報が入った。

禁漁で釣り場がなく欲求不満気味の4人が一路前橋へ・・・

DSCF6246kkkkk.jpg

さすが坂東太郎! スペイに良さげな流れが・・・・


管理等で3千円を払い全員いそいそと準備、期待は高まる!

DSCF6244kkkkk.jpg

大きな川石が水中に点在するポイントにTさんと入る。

DSCF6242kkkkk.jpg
DSCF6243kkkkk.jpg


しばらく石まわりをしつこく攻めるが二人共反応なし・・・・・

餌釣り師の様子を見ても、箱スチは釣れておらず、たまに小魚が釣れる程度・・・・

上流をみると釣り師が多い、

DSCF6248kkkkk.jpg


人気の放流ポイントとのこと、行ってみるが釣り師が多く、スペイでやる余地なく・・・・・・


しばし、あちこち・・・・でも釣れない・・・・


DSCF6247kkkkk.jpg


箱スチを釣ったことがある釣り師に話を聞くとその引きは強く、餌釣りでも2号くらいのハリスを使わないと切られてしまうらしい。

いずれはこの新種の鱒が管釣の主流になればと思いながら帰路についた。
プロフィール

テルゾウ

Author:テルゾウ
職業:定年初心者のFF
住処:東京都杉○区
フライ歴:30年:単に長いだけ、たぶん半分は中断期間です。最近はスペイも始めました。
信条:いいかげんなフライ、いいかげんなキャストが得意?ボウズでなければ大満足!つまりガチガチやらずいい加減な釣りで楽しめれば大満足!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード