スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Motoさんのカラフトマス釣り日記

旧友のMotoさんが、知床へカラフトマス釣りに行きその様子を送ってくれました。台風の余波を受けながらもそこそこ楽しんだようです。羨ましい!!私はカラフトマス釣りには一度も行ったことありませんが、いつかはと狙っております。そのときはMotoさんのこの釣り方を参考にさせてもらいます。

テルゾウさん
>
> 19日から21日まで知床に行って参りました。今年は秋の訪れが早いよ
> うで、朝晩の気温は13度くらいで風が吹くととても寒く感じられるシルバー
> ウィークの知床でした。
> 本来ならば当たり年のはずなのですが、今年は少しシーズンの終了が早いよう
> で、本当に最後のランを対象に釣りをしていたようです。結論から言うと、なかな
> か厳しかったですが、昨年よりはまあマシか・・・という感じでした。本来ならば
> 8月に行きたいのですが、カラフトを目当ての釣り人が多くてフライを振るのはな
> かなか厳しいので、少しずらして9月の半ばを好き好んで選んで行ってはいます
> が、う~ん、来年はやはり8月の終わりにしようと密かに決めています。
>
> 19日の初日は、いつもの岩礁地帯での釣り。朝4時前から海辺に降り立
> ち場所を確保。4時過ぎに東の空が少し明るくなった頃からキャストを開始。周囲
> には15人くらいの釣り師が。みんなウキルアーといって、大きなウキの50cm
> くらい下にスプーンをつけてその針にタコベイトを装着したしかけです。それを投
> げては時々引きながら誘って食わせるのです。カラフトは、ほとんど水面下1m以
> 内での捕食だそうですので、深く沈めてはダメで、水面直下が良いのでおそらくこ
> のような仕掛けに進化してきたのだと思います。フライは、フローティングライン
> かインターくらいで、やはり水面下をフワリフワリと漂うようにリトリーブです。
> 時折左右の釣り師が上げていますが、本当にチラホラで一人一匹という感じ。魚が
> 時々群れで廻っている姿が確認できますが、ブナの入った連中で、おそらくこの場
> 所に暫くの間いついた感じの古い群れで、ほとんど口を使ってくれません。という
> ことで近くの魚は無視して、ロングキャストでリトリーブを繰り返します。ようや
> く釣れたのは7時くらいですね。30ヤードくらいキャストして、リトリーブして
> いる間に手ごたえを感じ、水面がガバっと割れて背張りのオスが姿を現しまし
> た。はやり、カラフトマスは手応えありますね~。でも、#10-11のロッドで
> すので、以前のシングル#7とは比べようも無くパワーがあるので、比較的すんな
> りと寄せることができます。ということで、無事に一匹目をゲット。フライは赤の
> チェインボールアイ・ゾンカーリーチ(#6)でした。
> その後はお天気も良くなってしまい反応が無いので幌別をやってはみましたが、路
> 上駐車していたので駐車違反取締りが気になり早々に転戦。その後、昼食後に
朝の場所戻り、今日はここで心中と決意したのが失敗だったのか、朝の一匹が最初で最
> 後になりました。

野性味あふれる雄のマス
CIMG3286.jpg
CIMG3300.jpg

>
> 20日は、朝一で岩礁地帯でやりましたが、激沈。再度○○で8時くらいから頑張って
> みましたが、台風14号の影響で風と波が激しく、なかなか飛ばないし、ラインが
> からんだりで、フラストレーションのたまる釣りでした。波が寄せてくると、波が
> レンズになって水中の魚の群れが見えるので、かなり必死にキャストを繰り返そう
> とするものの、向かい風で20ヤードも飛ばない状態。おまけに、くだける波しぶ
> きで手前のラインが持って行かれてしまってコントロールも難しい状態でした
> が、ようやくヒット。最初の走りをいなしてリールファイトに持ち込もうと手前の
> ラインを巻き取っている間にテンションが無くなってしまいました・・・気を取り
> 直して、同じ場所に数回キャストして、またまたヒット!でも、今度は最初の走り
> で、あえなくフックアウト・・・う~ん、ツイていないですね~。その後は、風と
> 波が更に激しく、もう継続不可能に、ということで、昼ごろに移動しました。あちこち
 やってみましたがダメで、風もひどいので川に行こう!という
> ことになり、斜里川の中流部へ大転戦。でも、こちらもたいしたことはなくて、オ
> ショロコマ、ヤマメの15~20cmクラスを4、5匹釣っただけで、2日目も終
> 了。翌朝、風が治まるのを祈って寝床に着きました。
>
> さて最終日21日はどうか!?と期待したのですが、東方に通り過ぎた台風に向
> かって吹く風で海は大荒れ。幌別は近寄ることもできない大波、例の岩礁地帯
> を乗り越えた波がやってくるような状態で不可。結局、ある漁港 で仕方ないので
 ちんまりと釣りをすることにしましたが、結局これがそこそこの正 解。
 相棒がルアーで3匹。私も2回ヒットして、1ゲットでした。ようやく掛かっ
> た時には、思わずやった~の声。比較的フレッシュなメスで、相棒がキープしたい
> ということだったので進呈してきました。10時頃になって少し風が治まってきた
> ようなので××に行ってやってみましたが、遠くから見るのと近くで実際やってみ
> るのでは波の状態は全然違うもの。やはり、寄せてはくだける波にラインを持って
> いかれるし、おまけに大波で打ち寄せられた昆布のきれっぱしがフライに引っか
> かって釣りにならず30分足らずで諦めて、今度は例の岩礁地帯に移動。実は、
 これは正解で、海が荒れたせいで新しい群れが入ってきたようで、5ヒット3ゲットという
> ことで、この釣りが一番集中できて楽しかったかな・・・・釣れたフライは、スタ
> イルは多少違っても色は全て赤。オレンジでもヒットしたけれど、こちらはバレて
> しまいました。いずれにしても、やはりカラフトマスには赤が効果的ですね。2時
> 過ぎに美幌に移動して、網走川で少しだけ釣りましたが、海が荒れていて釣り人が
> 多く、もう主要ポイントは攻められた後のようで、20cmくらいの虹が3匹だけ
> 釣れて今回の知床ツアーは終了でした。
CIMG3305.jpg

>
> 3日間15ft、#10-11の最強ロッドを振り倒しましたが、意外に肘の方に
> は無理がかからなかったようでして、今年は無傷のカラフトツアーでした。昨年
> は、腱鞘炎の後遺症で直るまでに半年くらいかかりましたが、今年はだいぶキャス
> ティングが上手くなったのかな・・・でも、海でのスペイは風と波を克服しなけれ
> ばならないのでまだまだ難しいというのが実感です。次回は、10月中旬の道東ア
> メマスツアーの予定です。


Motoさん、今度はアメマスツアーとは羨ましい限りです・・・
また、いい報告を楽しみにしてますよ!
私も年内もうワンチャンスの北海道を画策しておりますがどうなるやら・・・・
スポンサーサイト
プロフィール

テルゾウ

Author:テルゾウ
職業:定年初心者のFF
住処:東京都杉○区
フライ歴:30年:単に長いだけ、たぶん半分は中断期間です。最近はスペイも始めました。
信条:いいかげんなフライ、いいかげんなキャストが得意?ボウズでなければ大満足!つまりガチガチやらずいい加減な釣りで楽しめれば大満足!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。