2013GW道東釣行 その4

最終日はやはり前半好調だったアメマスの川へ

まず、63センチが出たポイントをチェック、
アメマスがはねており期待が膨らむ・・・・・

しかし・・・前回と同じライン、フライ、流し方をするも
なぜか反応がない・・・・
フライを変え、ラインを変えたりして1時間粘るも状況は変わらなく
ポイントを下流へ・・・


DSCN1479s-113.jpg

先行していた富良野の釣り師に状況を聞くと、アメマスの活性は高いとのこと、それも良い型のが・・

その方の下手に入らせてもらい45センチクラスを頭に3匹ほど・・・・

さらにその下流へ移動する。そこはMOTOさんが58センチをあげたポイント。

サケ稚魚パターンを流し、ちょっとリトリーブした時、ズン!という当たりが・・・
AULD HAND 8番のロッドが大きく曲がる!
リールファイトを楽しみながら上がってきたのは60センチ、
60センチあるとファイトがよりスリリングになって面白い!
DSCN1481s-113.jpg

次にフライをウーリーバッがーに変えると、さらに重いあたりが・・・・・
しばらく緊張したやりとりが続く・・・
2Xのテイペットが心配、はらはらしながら上がってきたのは今回最大の64センチでした。
DSCN1483s-113.jpg

その後、もっと重いあたりが・・・余分なラインを巻き取るも、魚が重すぎて何もできない
竿を持っているだけの状態がしばし続く・・・でかい!!と思った瞬間、フライが外れてしまった・・・痛恨のバラシ!(´;ω;`)


10時半過ぎにあたりも遠のき、北風が強くなってきたので休憩がてら遅い朝食へ・・・

12時過ぎに釣り場に戻ると、突風まじりの北風が吹いていた。

寒い!でもロッドを風に強いKⅡに変えてポイントへ再び・・・・あのバラした大物が忘れられない。

朝よりもあたりが少なく苦戦・・・・風は益々強くなってきた。

もうやめようかな・・と思い始めた矢先に重いあたりが再び!

KⅡが大きくしなる!慎重にやり取りしあがったのは60センチ

DSCN1487s-113.jpg


風がさらに強くなり、キャスト不能?そして体も冷え切ってしまい納竿にした。

60センチオーバーが3本もでて素晴らしいツアー最終日となり。
北の大自然に感謝!!そして\(^^@)/でした。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

テルゾウ

Author:テルゾウ
職業:定年初心者のFF
住処:東京都杉○区
フライ歴:30年:単に長いだけ、たぶん半分は中断期間です。最近はスペイも始めました。
信条:いいかげんなフライ、いいかげんなキャストが得意?ボウズでなければ大満足!つまりガチガチやらずいい加減な釣りで楽しめれば大満足!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード