スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MOTOさんからアメマスツアーの報告がきました。

私が急遽、涙をのんでキャンセルしたアメマスツアーの「うらめしい」、でなく「羨ましい報告」がMOTOさんからきました。

MOTOさんの釣行記です。

本当は一緒に行くはずだったのに、テルさん行けなくなって残念でしたが、道東ツ
アー楽しんでまいりました。それにしてももう10月の後半。北海道は秋本番とい
う季節のはずですが、河畔林はまだ黄色よりも緑色が濃かったですね。やはり、今
年は季節の進行が遅いようです。

土曜日の昼前後、そして月曜日も午前中から昼過ぎまで、時間は短かったけど、こ
の渓で充実した釣りができました。○○橋、△△橋、いつものポイントを廻りま
したが、今年も魚達は健在でした。そして、快活に開けた渓は、いつものように穏
やかでした。川の上に広がる青空とそこに浮かぶ白い雲を眺めていると、本当に穏
やかな気分になります。ときおり、少し冷たい風が渓を吹き抜けると、黄色に染
まった柳の葉がハラハラ、ヒラヒラと川面に舞い落ちるのです。まさに秋の釣りで
す。
IMGP0049.jpg


澄んだ流れの中では、時折キラッとアメマスの閃きが観察されます。流石に週末で
したから、釣師の姿がここぞというポイントには貼り付いていましたが、それでも
ココはというところでは、アメマス達はフライをしっかりと咥えてくれました。ア
メマス独特の粘り強いファイトを何回も楽しませてもらい、このアメマス達を育ん
でいるこの渓が、ずっと先の将来にも今のようにあり続けてほしいと敬虔な祈りを
ささげるような気持ちになりますね。60オーバーは4匹で、最大は67cm。2
日間で40匹くらいは釣ったかな・・・・ということで、釣果も気分も満足の釣り
でした。
添付の写真はいずれも60アップです。

IMGP0077.jpg
IMGP0055.jpg
河口も覗いてみましたが、ほとんど釣り師の姿はありませんでした。4,5人くら
いだったかな・・・、釣れていないということは一目瞭然。アメマス達はすでに川
の上流を目指して上ってしまったようで、ほとんどライズもありませんでした。少
しだけキャストもしましたが、反応も無く、すぐに退却して私も上流を目指したの
でした。

さて、今回の主目的は、渓でのアメマスではなく、十勝川でのスペイでのアメマス
釣りだったのですが、残念ながら十勝川のシーズンはまだ始まっていないようでし
た。茂岩橋の上下を数箇所トライしてみましたが、釣り師の姿もまだチラホラだっ
たし、何よりも中小型のアメマス4匹のみという結果でしたからね。あともう
2、3週間も経ったら、産卵を終えた魚達が降りてくるのかもしれません。それで
も、大河に立ちこんでスペイキャスティングをするのは、何ともいえず気持ちが良
いものです。これで大物が釣れればもっと気分が良いのだけれど。

今回は2泊とも帯広駅前のビジネスホテルに泊まったので、秋の夜長を帯広B級グル
メで楽しみました。初日の夜は、道内では有名な”インディアン”のカレー。カレー
チェーンなのだけれど、味に深みがあって結構イケル味でした。本当はカツカレー
をと思ったけれど、ちょっとカロリー高すぎるよね・・・ということで野菜カレー
にカロリーダウン。二日目の夜は、ホテルのすぐ横にあった”ぱんちょう”という十
勝豚丼の老舗で上豚丼を食しました。これまた醤油が焦げる香ばしい柔らかいお肉
が、あつあつご飯の上に、ビッシリ重なるように並べられていて、これまた美味で
ございました。本当は唐辛子があったらもっとよかったけど、満足の一食でし
た。お風呂も十勝モール泉だったし、ほっこりして良かったです。

十勝川へのリベンジを兼ねてもう一度行きたいなと想っています。


MOTOさんのメールでは11月中旬に十勝川リベンジに行くそうです。・・・
またまた私の都合がつかない!  私にはトホホな秋です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

テルゾウ

Author:テルゾウ
職業:定年初心者のFF
住処:東京都杉○区
フライ歴:30年:単に長いだけ、たぶん半分は中断期間です。最近はスペイも始めました。
信条:いいかげんなフライ、いいかげんなキャストが得意?ボウズでなければ大満足!つまりガチガチやらずいい加減な釣りで楽しめれば大満足!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。