スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年荒川サーモンツアー 第1回

今年は、例年行っていた道東ツアーを取りやめ、新潟の荒川のサーモンフィッシングをメインツアーとして

2回ほど行って来ました。

最初は11月中旬にモリさん、シマさんとの3人で荒川へ・・・・

前日は荒川の偵察・・・・・入れ込み過ぎ!( ^ω^)
DSCF6254kkkkk.jpg


翌朝朝焼けとともに受付を済ませ釣場に・・・

DSCF6275kkkkk.jpg

準備完了!これから二日間のサーモンフィーバーか?

DSCF6268kkkkk.jpg

去年の実績ポイントで気を込めてフライを流す!

DSCF6265kkkkk.jpg

何度となく、何時間となく毛鉤を流すも・・・・・時間だけが過ぎる・・・

今年の遡上が少ないらしい・・・・・餌釣り師たちも大苦戦のようだ。

でも良い型のメスを釣った人も、やはりここでも餌釣りは最強です!

DSCF6270kkkkk.jpg


酒の量も増える・・・酒豪ふたりがいたため1升瓶1本+7合瓶2本が消え・・・・

DSCF6263kkkkk.jpg


全員サーモンは釣れず、地酒痛飲ツアーで終わってしまった。

遡上魚は難しいです・・・・・・・(´;ω;`)





利根川箱スチ幻想?

利根川の冬季管理釣り場にステイールヘッドとニジマスとの掛け合で普通の3倍はファイトする箱スチが

放流されたという情報が入った。

禁漁で釣り場がなく欲求不満気味の4人が一路前橋へ・・・

DSCF6246kkkkk.jpg

さすが坂東太郎! スペイに良さげな流れが・・・・


管理等で3千円を払い全員いそいそと準備、期待は高まる!

DSCF6244kkkkk.jpg

大きな川石が水中に点在するポイントにTさんと入る。

DSCF6242kkkkk.jpg
DSCF6243kkkkk.jpg


しばらく石まわりをしつこく攻めるが二人共反応なし・・・・・

餌釣り師の様子を見ても、箱スチは釣れておらず、たまに小魚が釣れる程度・・・・

上流をみると釣り師が多い、

DSCF6248kkkkk.jpg


人気の放流ポイントとのこと、行ってみるが釣り師が多く、スペイでやる余地なく・・・・・・


しばし、あちこち・・・・でも釣れない・・・・


DSCF6247kkkkk.jpg


箱スチを釣ったことがある釣り師に話を聞くとその引きは強く、餌釣りでも2号くらいのハリスを使わないと切られてしまうらしい。

いずれはこの新種の鱒が管釣の主流になればと思いながら帰路についた。

モリさん秋の紋別を釣る

モリさんから紋別釣行報告がきました。

今年、彼はは紋別に行くたびに雨にたたられイマイチだったのが、10月に入りやっと紋別らしい釣りを満喫したようです。






初日から鮭が釣れましたが、鮭は遡上してしまい、

海岸にはあまりいませんでした。それでも群れを見つけフライを

投げるときちんと食い付きました。1本は90cmを超える

でかい雄の鮭でした。

IMG_0554kkkkk.jpg


川は紅葉で綺麗でしたが、落ち葉がすごく

IMG_0551kkkkk.jpg




ドライもニンフも魚が食い付くのが大変なくらい流れていて中々難しかったです。
この時期のエビちゃんパワーで3本45cmを釣りました。

IMG_0489kkkkk.jpg



90センチは流石にでかいですね!! 11月の荒川でもこんなサイズを釣ってみたいなあ・・・・

渚滑の紅葉はウエーダーを履いて川に降りたものだけが味わえる特権ですね・・・・

アラスカ キーナイ川へ・・・・・

以前から誘われていたアラスカサーモン釣行に行ってきました。

いわゆる釣り旅行会社のツアーでなくアラスカに赴任されてたKさんがすべてアレンジしてもらいました。

シアトル経由アンカレッジの往復飛行機、キャンパー、キャンプ場、釣りポイントまですべておまかせの

激安、楽チンツアーでした。

シアトルまで8時間、シアトルからアンカレッジまで3時間と私にとってはじめてのロングフライト

で歩く姿も若干疲れが・・・・


DSCN5672kkkkk.jpg

アンカレッジ行きの予定便に5分差で乗り遅れ、2時間後の次の便になんとか乗れ


アンカレッジに到着、そしてレンタカー屋に急ぐ!なんとか閉店間際に間に合いキャンパーを借りれてホッ・・・・


DSCN5674kkkkk.jpg

最初のキャンプ場を目指し夜のハイウエイを南下、

狙いはキーナイ川のレッドサーモン!!

朝のキャンプ場にはシーズン真っ盛りで車が多いよう・・・・


DSCN5675kkkkk.jpg


ちなみにアラスカではウエーダーの底は防疫の観点からフェルトは禁止とのこと。要注意ですね・・・

DSCN5755kkkkk.jpg


川はいつもより50センチ以上増水とのこと、流れの速さもあって川に入るのは躊躇しそう・・・・

DSCN5688kkkkk.jpg


対岸に良いポイントが多く、往復10ドルを払い対岸へ・・・・


DSCN5714kkkkk.jpg

いいポイントは満杯状態!

DSCN5696kkkkk.jpg

時折、釣りやラフティングのボートが下ってくる・・・・・


DSCN5753kkkkk.jpg


混雑を避けて下流の釣場に向かう・・・

ヒットした場合ネットインのサポートが不可欠のため私はSさんとペアを組む


このポイントも増水で腰ぐらいまで立ち込む,押しの強い雪解けの流れに流されそう・・・・

DSCN5686kkkkk.jpg

先に下流にいたSさんがヒット!!

強い流れの中のファイトはスリリングそのもの


DSCN5680kkkkk.jpg

ナイスなサーモンでした。グループで「最初にあげたサーモンはちゃんちゃん焼きに・・・・」がグループのルール

美味しくみんなでいただきました。


DSCN5693kkkkk.jpg


私にもグッドサイズのオスが・・・・・・レッドと思い込んでたのがピンクサーモンでした。

2016-07-29 09.05.33kkkkk


夏のアラスカの昼は長い・・・・10時過ぎでもこの明るさ、だからついつい夕飯が遅くなる。




DSCN5676kkkkk.jpg

サーモン釣りの合間にシングルハンドで・・・・・

ネイテイブレインボウやうすいピンクのハンテンを持つドリーバーデンが遊んでくれました。

もう少し秋に近づくとサーモンエッグをたっぷり食べ、お腹をパンパンにした彼らは素晴らしいファイトを見せてくれるとのこと、

それもいいねえ・・・・


DSCN5731kkkkk.jpg

DSCN5733kkkkk.jpg


よりフレッシュなサーモンを釣ろうと海に近い下流部へ移動・・・・

ここも増水でたちこむのは要注意!

DSCN5710kkkkk.jpg


流れの押しは相変わらず、雪解け水の冷たさで痛めた右膝が疼く・・・・

DSCN5700kkkkk.jpg


ここでも雄のピンクをゲット!ラインを引き出してのファイトにてこずる。でも楽しい・・・・・o(^o^)o



2016-08-01 01.51.40kkkkk


アンカレッジに戻る帰途小さな川を覗くとここにもサーモン釣りの釣り人が・・・

DSCN5760kkkkk.jpg

しばらく見ていると何人かヒット!

セッパリのピンクサーモンが・・・

DSCN5763kkkkk.jpg


今回のツアーは例年より群れが小さくあたりもすくないらしい・・・・

期待のレッドは釣れず、バラシ多数で悔いが残るツアーでした。

いつかリベンジとは思うが、長いフライトを考えると・・・・・・・


東京に取り残されたおじさんたちは・・・・

釣り仲間たちが、屈斜路だ、渚滑川だ、etcで北海道に行ってしまった。

取り残されたおじさんは仕方なく管釣で憂さ晴らし・・・

Uさんはいきなりドライで爆釣!さすがです!


DSCN5646kkkkk.jpg


Sさんも好調です!

DSCN5654kkkkk.jpg


私はバンブーのダブルハンドで・・・・・



DSCN5643kkkkk.jpg

飽きたらドライで・・・・
DSCN5650kkkkk.jpg


最後はおふたりのでバンブースペイで釣り比べ・・・

DSCN5659kkkkk.jpg

7月にはこのメンバー+2人の5人でアラスカサーモンツアーへ行きます。

サーモンフライを100本巻けとの至上命令?に鋭意努力中です・・・・



DSCN5668kkkkk.jpg
プロフィール

テルゾウ

Author:テルゾウ
職業:定年初心者のFF
住処:東京都杉○区
フライ歴:30年:単に長いだけ、たぶん半分は中断期間です。最近はスペイも始めました。
信条:いいかげんなフライ、いいかげんなキャストが得意?ボウズでなければ大満足!つまりガチガチやらずいい加減な釣りで楽しめれば大満足!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。